どのように使うのか | マラセチア皮膚炎はマラセブジェネリックでお得に治療できます

どのように使うのか

カプセルの中身が出ている

マラセブジェネリックは薬用シャンプーのため、普段のシャンプーと同じような感覚で使えます。
洗うだけでペットのマラセチア皮膚炎を治療できるマラセブジェネリックですが、薬用シャンプーは一般的なシャンプーとは少々変わった使い方をする場合があります。
マラセブジェネリックの効果を最大限に引き出すためには、正しい方法で使うことが何よりも大切になってきます。
実際にマラセブジェネリックを使うことになったとき、スムーズに使えるようにするためにも、マラセブジェネリックの使い方を知っておきましょう。

マラセブジェネリックを使うときは、まずペットの身体を20度から30度のぬるま湯でしっかり濡らしましょう。
次に、マラセブジェネリックを泡立てて、症状がひどくなっている箇所を中心に優しく洗いましょう。
このとき、しっかり洗おうとして強く擦りすぎてしまうと、皮膚を傷つけてしまうので注意しましょう。
一度目は主に汚れを落とす目的でさっと洗い、二度目も同じようにして洗い、十分にマラセチアを殺菌するために10分ほど浸け置き状態にしましょう。
その後、身体にマラセブジェネリックが残らないようにしっかりとぬるま湯で洗い流すのが、マラセブジェネリックの正しい使い方です。

マラセブジェネリックで洗ったあとは、タオルやドライヤーを使って、しっかり乾燥させましょう。
もし乾かし残しが残ってしまうと、そこからまたマラセチアが繁殖してしまう可能性があります。
タオルでしっかり水分を拭き取ったのち、ドライヤーで乾かすようにすれば、乾かし残しを減らすことができますよ。